入れ歯とインプラントの日常生活での違いとは?

永久歯を何らかの理由で失ったときに第三の歯として注目されている治療法にインプラントがあります。
歯を失ったときの対処方法としては入れ歯が一般的です。
入れ歯は見た通り取り外しのできる歯の代用品です。
口腔内に固定はできないので、どうしてもがたつきが生じ、また強い力を加えることはできません。
歯が抜け落ちてから長い時を経過すると歯槽骨も吸収され、歯茎が短くなった場合などに入れ歯がはまりにくくなる場合もあります。
入れ歯の場合は必然的に咀嚼に問題も出てきます。
しかし簡単に、安価につくれるということで今も人気があります。

歯を隠す男性

一方、インプラントの場合は直接歯槽骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるということになるのでほぼ自分の歯と同様な機能を期待できます。
外科的手術を伴い、また治療期間も長く、多くの場合半年から年単位ということになるでしょう。
高額な治療費も必要となってきます。

その日常生活の違いは上記の通り、咀嚼面ということになるでしょう。
入れ歯に何かが挟まったとか、入れ歯だから硬いものが噛めない、落として破損した、というようなことはインプラントでは全く問題ありません。
審美面においても機能面においてもほぼ自分の歯と同様に使用することができます。
手入れに関する面では入れ歯が簡単です。
手軽に使用できる洗浄消毒剤も市販されており、その中につけおくだけで完了です。
インプラントは埋め込みの後のケアが大変重要になってきます。
ブラッシングが十分に行き渡らないと歯周病と同様にインプラント周囲炎を引き起こしそれが悪化するとせっかくいれたインプラントが抜け落ちてしまうという結果になります。
歯科で指定されたとおりに受診し、プロによるケアを受け、また指導されたとおりのセルフケアが欠かせません。

出っ歯など歯並びが悪いと噛み合わせにも問題がでてくる場合があります。
また見た目も悪くコンプレックスを感じる人も多いでしょう。
歯並びが悪いと飛び出している歯の周囲を支えている骨が薄いため歯茎が下がりやすいことが知られており、それが原因で知覚過敏が起こることもあります。
噛み合わせが悪いことで噛む力が均等にかからず偏ると顎関節症の原因ともなります。
発音にも影響を及ぼします。

このように歯並びの悪さが身体に及ぼす影響は大きく、インプラント治療を希望しても歯並びが悪い場合は歯列矯正をした後で治療に着手するということになります。
インプラント治療は健康保険適用外の自由診療であり、治療費も高額となりますが、奇麗な歯並びは歯の寿命を延ばしてくれます。

高齢になっても自分の歯でしっかりと噛んで食事ができると認知症のリスクを減らすことができるという研究結果もでてきています。
おいしく食事ができるということでストレスが少なく、話す、食べる、笑うという当たり前のことが当たり前にできる生活はその人の生活を充実したものにしてくれる大きな要因になることでしょう。

〇入れ歯のケア情報〇
大阪在住の方に耳寄りの情報をお届けします。
入れ歯のメンテナンスは吹田市で行うのがベスト!
吹田市は都心からの通院が便利なので、是非そこの歯科を活用しましょう。