差し歯は歯の土台がないとできない!常識です!

歯というのは、一度作られるとその後に再び新しく作られることはありません。
そのため、虫歯になって削っても、健康な歯が戻ることはなく、詰め物や差し歯などの人工物で補わなければいけません。
歯がなくなっても、差し歯をすれば見た目を回復することができると考えている人も多いです。

けれども、差し歯というのは、文字通り差している歯です。
歯は、歯茎の上の見えている部分だけでなく、歯茎の中に根元の部分があり、全体を支えています。
差し歯の仕組みは、歯の上の部分がなくなっても、土台となる根元の部分がなければいけません。
土台に被せ物をすることで、歯の形を保つことができます。

ですから、抜歯して、歯の根元が無い状態になると、差し歯の治療を行うことは不可能です。
虫歯で歯の表面がなくなっても、根本の部分が残っていればすることができますが、根本がないと差すことができないためです。
抜歯しても差し歯にすれば問題ないと考えていると、大きな誤解をしているということになります。

差し歯の仕組みを知ることで、このような誤解をとくことができます。
中には、抜歯をして差し歯にするつもりだったのに、入れ歯という治療法になってしまい、ショックを受けたという患者さんもいます。
抜いてしまった歯や、削ってしまった歯というのは、二度と元の状態に戻ることはありません。

差し歯は、様々な素材によって作られます。
奥歯は噛む力に耐えるために、保険では金属を使用して作られます。
銀歯と言えばすぐにイメージできるかもしれません。
前歯の場合は、保険でも白いものを作ることができます。
金属である程度の形を作っておいてから、目に見える表の部分に白いレジンという素材を貼り付けています。
レジンはプラスチックの樹脂のような素材です。

歯医者の診察台

保険でも前歯であれば白い素材を使うことができますが、レジンは長期間使っていると変色してしまうことがあります。
プラスチックなので、固い物を噛むと割れてしまうこともあります。
心配な場合は、保険は適用されませんが、セラミックを使った差し歯を作りましょう。

セラミックは、透明感のある白さを持つ素材です。
強度も強いですが、何より本物の歯のような質感を出すことができるので、とても見た目がいいです。
前歯はもちろん、奥歯にも使うことができますが、歯ぎしりがあると割れてしまうことがあります。
そのような場合は、セラミックにレジンを混ぜることで割れにくくします。