2種類のインプラント手術方法とは?何が違う?

インプラント治療においては人工の歯根を埋め込むための手術を行います。
埋め込む部位の顎の骨に穴を開けて人工の歯根を埋め込むことになりますが、その手術方法にも二つあります。
顎の骨の状態などから判断してどちらの方法を行うか判断することとなります。

インプラント治療における手術については一回法と二回法があります。
違いについては手術を一回行うものが一回法、二回に分けて行うものが二回法です。
それぞれの方法についてメリットやデメリットがある他、適用できるケースとそうでないケースがあります。

一回法はどのような手術方法であるかというと、一回の手術において歯肉を切開して人工の歯根を埋め込み、人工歯との連結部分であるアバットメントまで取り付けるものです。
つまり、歯ぐきからアバットメントが露出した状態で人工の歯根と顎の骨が結合することを待ちます。
治療においては高い技術力が必要なのでどの医療機関でも受けることができるわけではない方法です。

歯医者の診察台

一回法におけるメリットは手術回数が一回であることから患者にとって負担が少なくなります。
治療期間についても短縮することができます。
その一方でデメリットもあります。
それは埋め込む部位の顎の骨の量が十分でないと行うことができない点です。
また、アバットメントが露出した状態で顎の骨との結合を待つので感染症のリスクがあることです。

二回法は手術を二回に分けて行う治療方法です。
一回目の手術においては人工の歯根のみ埋め込み、患部を仮蓋で覆い、顎の骨との結合を待ちます。
その後結合が確認できれば二回目の手術を行いアバットメントを取り付けます。
患部を仮蓋で覆うことにより感染症のリスクを下げることができます。
二回目の手術は結合した人工の歯根にアバットメントを取り付けるものなので、一回目の手術と比較して簡単な治療で終えることができます。

二回法を行うことのメリットとしてはさまざまなケースに対応できることです。
顎の骨が少なく、強度を増やすための治療を行ったときにも行われる方法です。
また、成功率が高い方法です。
デメリットは二回に分けて手術を行うので肉体的、精神的に負担と感じることがある点です。
また治療期間が長くなることも挙げられます。

このようにインプラント手術の方法には一回法と二回法があります。
あらゆるケースに対応できるものが二回法であり、一回法は限られたケースにおいて適用できるものであると言えます。